よくいる56歳の日記

そこらへんによくいる56歳の日記

肝臓が悪いが真行寺弘道シリーズの最新話読みました

肝臓に関する各数値が、余命三か月みたいな数字なんですが…

検査中です。

巡査長 真行寺弘道シリーズの最新話、インフォデミック 読みました。

 

コロナの自粛要請の中で大規模音楽フェスが敢行されようとしている。フェスを止めろ!いや止めなくていい?敢えて関わることを要求された巡査長真行寺。

with コロナ時代に個人情報が管理されるのはしかたない、個人情報を差し出すことによって、逆に集まる自由や移動する自由が確保されるという矛盾…。

フェスはアプリをダウンロードした人しか入場できないシステムになっている。開催できるのは喜ばしいが… もんもんとする自由を愛する巡査長の頭の中に、誰が誰にうつした、なんてことは調べるべきじゃない、という引くべきラインがクリアになる。感染した人をすばやく隔離したり、疫学的に感染ルートを特定することと、感染源を悪意のある個人・集団とみなして罰するのは違うんだ、と。

現実でも、横浜の眺めのいい温泉施設はLINE会員になり個人情報登録している人しか入場できないし、夏フェスとかはコロナの前からチケット転売防止のために当人であることを証明するチェックは厳しくなっていた。Go To Travel は、割引して観光業を盛り上げるというよりも、割引を受けるためには身分証を呈示して割引元の自治体に在住していることを示さなきゃいけないので、「認証される」ことに慣れてもらう、的な意味合いがあるのかな?と感じる。

巡査長シリーズでは、すでに、今回も登場するソフキンことソフト・キングダムというIT企業が、おまごさん(介護ロボット)やおつれさん(AIBOみたいの)を使って個人情報を収集したり、個人の行動を変えるような働きかけを行ったりしてるというのを描いているので、現実が追い付いてきつつあるが…。このシリーズの中で、巡査長が心配するところのモラルは守られるのか?を、リアル一般人も真剣に考えなければいけないフェーズに入ってきていると感じる。自粛警察なんてものこそ、自粛すべき点ではある。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話は変わるが、あちこちの本屋行ってみて思うことは、どの店も過学習…。

コアなファンがいて大多数の人に理解されるわけではないジャンルほど、ファンは確実に買ってくれる、そこに本屋は寄りそう!という主張がみてとれる。

それはそれでいいと思うんだけど…

大多数の人が理解できて売れる本 が置いてない、というのが顕著、なんか不便です。

 

 

KABUKI

粋な黒塀 見越しの松に 艶な姿の洗い髪

死んだはずだよ お富さん 生きていたとはお釈迦様でも 知らぬ仏のお富さん

えっさやー 源屋店

という、春日八郎のヒット曲、お富さんは 与話情浮世横櫛 (よはなさけうきよはよこぐし)という江戸末期の歌舞伎演目の話からとっている。

ヤクザの妾だったお富さんと、ぐれてはいるがお坊ちゃまの与三郎が恋仲になった。与三郎は「親から金をむしろうぜー」とヤクザに簀巻にされ捉えられ、お富さんは追いかけられ海で溺死したと思っていた…。向傷の与三とか切られの与三とかいう呼び名でちんぴらになってしまった与三郎が金持ちの妾に金せびろうとして行った家でお富さんと再会…。(歌はここの場面)

結局は二人は結ばれ、与三郎もなんか奇蹟が起きて傷も綺麗になり幸せになるという話。

やくざ=簀巻きというイメージって、こういうのから来てるのか…と納得したり、

最後はバイオレンスジャック永井豪の漫画)みたい~、戦って傷だらけになった女の子の体をなんか不思議な力が癒してくれて傷が治るって話あったな~とか、56歳の受け止め方が変か?

初演は八代目市川團十郎が与三郎をやってて… 海老蔵さんもそのうちやるか?

歌舞伎は明治期に、外人に低俗と思われたくないから禁止(衆道物とかが対象)、ながなが何日もやったりしていて劇場でできないから整理とかで、演目そのものが消滅したり、場面が整理されたりしてしまい、食べていくために役者たちもあっさり従ったためそれで定着。それをまた、お国主導で江戸時代の形で再現したりしてるのが国立劇場…という現状が複雑だよね…。

 

それにしても、歌舞伎を通じて江戸の庶民のメンタルに驚愕する。

こいつは春から縁起がいいぞえ~ 

って台詞が、ヨタカ(フリーの売春婦)を川に突き落としてかっぱらった金が100両もあったぜ、と、女装の強盗がいう台詞だと知ったときは... 唖然であった。

三人吉三廓初買 | 歌舞伎の演目 | ユネスコ無形文化遺産 歌舞伎への誘い (jac.go.jp)

でも、日本語の中に深くしみ込んでいるもんだなーとも思うね。

世界遺産富士山 構成遺産 『白糸の滝』『人穴富士講遺跡』

表題の世界遺産に行ってきました。4/16(sat)。

というと大げさで、富士宮市上井出に親の墓があるので、墓参りのついでに寄っただけ。墓苑は通常の年だと、連休あたりに桜が満開になってた気がするが、今年は早くて16日時点でさかんに散っていた。小雨が降っていて朝霧高原という呼び名もあるだけに、濃霧につつまれていた。

田貫湖湖畔の誰も座っていない椅子↓ 桜が座ってた。合羽を着た釣り人は湖岸にたくさんいた。湖岸管理の施設が、合羽や大きい傘を貸してくれるらしく、「田貫湖」とでかでか書いてあるのを使っている人多数。ここは天気がいいと富士山がでかでか見えてキャンプやBBQができる良いところ。

関東大震災で地形がかわり、近隣の川の水量が減ったために小さな沼を拡大させてつくられた人造湖だそう。水が流れ込む部分が丁寧に作り込まれているのは人造湖だからなのか...。凄い角度で勢いよく流れてくる水路から、浅いプールで遊水されてから湖に入っていくようになっていた。↓ プールみたいなところの動画

youtu.be

★白糸の滝は、... マイナスイオンってほんとにあるんだ~、神がいる、と思っちゃった人がいるのも納得の別世界。観光用につくられたコンクリのドックみたいなところから至近から観られる。そういう開発をしていない音止めの滝は、変なところから覗くしかできない。なんでも開発しないのもいいことだと思う。これから墓参りのたびに寄ることにする。駐車場代500円。小雨のせいで人もまばらだった。

白糸の滝の動画、写真も動画も上部がもやってますが、霊ではない。

youtube.com

人穴富士講遺跡は、富士講(富士を崇拝する団体)の聖地だった人穴と呼ばれる洞窟のあるところで、もとは寺だか神社だかがあったのだが、明治の廃仏毀釈や、大東亜戦争のときに陸軍の訓練地として一帯が接収されたりしたため、寺社はあるのかないのかひなびた木造の建物が少しある。世界遺産案内のボランティアの人がいろいろ説明してくれる。3.11で崩れてしまった部分があって危ないのと、コロナの密禁止で、今は洞窟に降りていくことはできない。入り口から覗くだけでも、人ではなく自然がつくった大きい溶岩洞窟のさまがわかる。そして、各地の富士講が、記念に建てた石碑が富士を拝む方向に建っている。

★白糸の滝には富士講創始者長谷川角行が修行したという江戸時代に建立された碑がある。人穴の世界遺産ボランティアの人が強調していたのは、長谷川角行は、富士山には浄土への入り口があって尊いといって修行したけど、彼自身は生きているときは無名だった。死後100年経って、江戸時代の一般人がその考えを認めて富士講は広がった、ということ。教祖が広めたのではなく、大衆側からの共感で成り立ってた。

 

ずっと小雨だったが、御殿場アウトレットモールに寄ったら、忽然と富士山が...。

銀色に輝く… そのうち雲が晴れてこんな感じに。↓

日が暮れて富士山がみえなくなると、今度は月が...。

御殿場アウトレットモールは大人気でいつも混んでいたフードコートが店が少なくなって、みるかげもなくなり、かわりに個別の飲食店が入った棟ができてた。外国語もまったく聴こえない。

冬物のストールとか1本の値段で3本買えちゃう値段で買ったけど、来年の冬までは使えない。

ホテルが開業してたが、インバウンドのお客さんいなくても結構利用されてる感じした。温泉あるらしい。

日本人はどうなんだろう

ウクライナは過去に、民族楽器の奏者を集めて殺されたり、帝国ロシア時代からいろんないやがらせを受けている。

民間人の被害を増やさないために降伏しろという日本人は、例えば、

歌舞伎役者だという理由だけで、松本白鸚さんや幸四郎さん、海老蔵さんなんかが、既に破壊されつくして プーチンガーデンに改名された皇居に集められ、

(当然、天皇はとっくに国外追放)

首を斬られても、まあもう歌舞伎なんて誰も観ないから… と思えるのだろうか。

日本語禁止、着物は持っていたら拠出して燃やす、でも、着物なんてもう着ないから…と思えるのだろうか? 寺社仏閣は、鳥居とかお堂は破壊され、ロシア正教の珍妙な教会になってもいいのだろうか? わからない…

 

『マネーの魔術師 ハッカー黒木の告白』

榎本憲男さんの書き下ろし。巡査長 真行寺弘道シリーズのスピンオフっぽい。

世界を放浪する天才プログラマー黒木透と、桐箪笥職人のところに居候している柴田澪という女性が熊野古道で知り合う。

黒木透は、金融業界のためにプログラムを提供してきて十分に報酬も得ているが、世界がお金だけで動くのはおかしいのでは?とか、なんかモヤモヤしている。

結局、柴田澪に伝統工芸士を支援しながらビジネスとしてもなんとか道を模索できるような体制を残して、次の仕事のために去っていく…。

黒木は、伝統工芸への出資と引き換えに受けた次の仕事で、更にモヤモヤしている。次の仕事は軍事ドローンに搭載するプログラム。

という、話なんだけど…。黒木と柴田の会話で示される金融のロジックとか、柴田と昔の恋人の会話にみえる日本のワンテンポ遅れた男の思考回路(吉野家の牛丼のアレみたいな)とか、作者の時代を焼き付ける力が凄いので、ストーリーを追って楽しく読みながら頭が整理されていく爽快感を味わえる。

黒木透、ロン毛の天才プログラマーという設定なんだが、諸星大二郎 「妖怪ハンター」の主人公、稗田礼二郎のビジュアルが浮かんでしまう。(^^;

榎本憲男さんのイメージだと、絶頂期のキムタクかな?

 

娯楽小説だけど、この本の主要なテーマは金融に踊らされる世界に対する疑問。

テスラのイーロン・マスクFacebookザッカーバーグが金持ちなのは、株式によるところが大きい。ビル・ゲイツやジョブスあたりまでなら、作ったものや社会に与えた影響がはっきり目にみえているので、大金持ちになるのもわかるのだが。それ以降の世代は、そうなる前に期待値をお金に替えてリッチになってしまう。マスク氏はまだ脱炭素社会に貢献できていないのに、できるかもという期待値だけでリッチになりすぎた。このモヤモヤは世界共通、というか、ご本人たち自身さえ違和感感じているから、お金を使っていろいろ本業以外のことをやらかしているのだろう。

 

黒木が柴田に、やっと日本語が通じる、というシーンがあるのだが、数年前に、熊野古道で自宅ガレージ(ガレージと言ってもトラクター何台もいれるようなここらへんの家2件分くらいの広さ)で柿売ってたじーちゃんと話したけど、まったくわからんかった。

野毛のジャズ喫茶 ちぐさ 本日閉店

昨日、行ってきた。

同じ場所で、建物を建て替え、JAZZミュージアムとして再出発する予定だそうで、来年まではこのスピーカーともお別れ。

 

Chigusa Records (ちぐさレコード)公式HP - CHIGUSA Records (ちぐさレコード)公式HP (jimdofree.com)

 

来年の3月まで寄付募集中…。寄付してCDもらう予定!給料日20日に振り込むぜぃ。お金なくはないけど、一応、メリハリ付けようかと思ってる次第。

米国のJAZZをカッコいいものに押し上げたブルーノートというレーベルは、JAZZを愛するあまりにアメリカに渡ってきたドイツ人のライオンさんとウルフさん(ライオンと狼…)という男性二人が経営してたんだそう。

ライオンさんとウルフさんは、ユダヤ系で、ヒトラーの台頭でドイツにいづらくなったのも移住の理由だったそう。でも、アメリカでは、アングロサクソン以外の白人もちょっと形見が狭い。ナチスが声高にユダヤを貶めている時代に、ライオンさんとウルフさん自身も大変なこともあっただろうね…。

だけど、彼らは大好きなJAZZの演奏家たちのために、尽くした。リハーサルでも給料を支払った。自分たちの儲けよりも、いい音楽を記録することに注力した。後世、それを受け取っている音楽ファンは、ライオンとウルフ、当時のプレイヤーには感謝しなければいけないね…。

 

今、プーチンロシアが、ロシア人を尊敬しろ、とウクライナで残虐行為をはたらいているのは、ライオンさんとウルフさんがしたこととまったく正反対である。なさけなく、奇怪で、腹立たしい。世の中でものの価値を知ってる人には人種とか国籍って関係ない。さらには、人種や国籍を理由に暴力ふるっているのはプーチンロシアなのだが、侵略行為への異議として制裁を受ければ、人種差別だ、とのたまうロシア人。悪いほうに口が達者というか…騙されてはいけないと思う。

一般人でもプーチン支持者は罪深い。事実を知らないにしても、道徳的にめちゃくちゃな考え方をしている。道徳的に破綻したロジックを子供ですら平然とくちにしている。

ウクライナも悪い、なんて不用意に言わないことと、長い支援が必要かと思う。そして、真のロシア人は、今は泣いている人たち。彼らが無事でロシアを再建してくれるよう。

円安と日銀...

財務大臣が悪い円安についてようやく言及したら、今頃日銀のK氏が「ロシアへの経済制裁の影響で金融市場が不安定…」とかいう。K氏はほんとにおかしなやつだな~。狭い人間関係の中で生きてるんだな…。

欧米人からみたら、地政学リスク的に中露日なんていっしょくたで、ルーブルよりも安くなっちゃってる円は、わりくってるにきまってる。理論的には円安はしかたないが、「足元の急激さ」を感じない鈍感さが奇妙に感じる。

出来高をみてると、閑散に売り無し、ってこれなんだ…と思う。対円ドルが売られないのは買われているからじゃなく、円相場が敬遠されて閑散としているからにみえた。

指値オペ金利があがらないように。気にするところそこ?的な。

政府専用機も大幅定員割れで帰ってくる。乗りたくても乗れなかった人多数だそう。日本国籍の人はだめです、お金がある人はだめです、気にするところそこ?的すぎ。

なんかもう日本…おかしいでしょ。

 

ロシア人一般人は食料自給率が高いから経済制裁は我慢できますとかいってて、ウクライナの惨状をみてもまだそいえるのか?みてないけどね。

クリミア併合の時から食料の国内産化は進めていたらしい。裏を返せば経済制裁までみこした計画的なジェノサイド…。穀物の輸出を禁止して籠城体制に入っている。

外国企業がひきあげて失業者があふれたとき、プーチンが今現在の貯蓄の有無やもともとの収入とか関係なく無料で食料を配れば、そこら辺だけは日本よりましなエマージェンシー対応ってことになってしまう。